「他人の言葉に心がぐらついた時」の思考の変換法

2013年12月20日

他人の言葉で行動できないことが、ありませんか?
あるいは、何か行動をしようと思った時に、他の人からさえぎるようなことを言われて、
「ぐらっ」ときたことがありませんか?

私は行動しようとした時に、時にこういった声が聞こえることがあります。

a1180_000156「やめとけば」
「何でそんなことするん」
「何の意味があるん」
「別にしなくてもいいやん」(北九州弁です・・)

以前は、そんな声を聞くと、ずっと気になってしまい、
やろうと決めていながら、心がぐらついていました。

優柔不断で他人に振り回されてばかりいました。

しかし、今は違います。
なかなか改善できなかったこの思考は、この方法で変えました。

それは、つぎのことをチェックするようにしたのです。

1 その人は本当に自分のためを思って言ってるのか。
2 そういう根拠はどこにあるのか。思いつきで言ってないか。
3 その人は、そういうことをいうだけの価値がある人なのか。
4 その人は、自分の基準で言ってないか。
5 その人の価値観と自分の価値観は普段からあってるのだろうか。

冷静になってみると、言った人は、マイナス面だけしかみていなかったり、
勝手な憶測でみて、言ってたりすることがあります。

もしも、自分と同じ基準や価値観の人だったら、
違う答えが返ってきて

「やってみたら」
「応援するよ」

と言ってくれるかもしれません。

どちらが自分にとってプラスになるか、
いい人間関係を築いていけるでしょうか。

こんな風に何か行動しようとした時、思いかけないことを言われて
心がぐらついた時は、視点を変えてよくチェックしてみると、
思考を変えることができます。

思考を変えると、制限がとれて、どんどん行動したくなります。

「他人の価値観で生きるよりも、自分の価値観で生きるほうが幸せである」

ある有名な方の講演会で聞いた言葉です。

私は他人に何かを言われて、心がぐらつきそうな時は、
この言葉を思い出します。
すると気にならなくなります。

時に、他人の価値観は、自分を幸せにしないことがあります。
自分を幸せにするのは「自分」。

今年、もし他人の言葉にぐらついたことがあったら、上の5つのチェックをしてみて
2014年はぶれない自分軸を作る練習をしてみてくださいね。

行動を妨げる、ぐらつきや迷いがふっきれます。

————————–

<今日のポイント>
「他人の言葉に心がぐらついた時」↓
「他人の価値観で生きるよりも自分の価値観で生きるほうが幸せである」
を思い出す。

***************
☆あとがき☆
***************

12月15日に『2014年、自分のやりたいことで、まず収入1万円アップを
目指したい女性のためのカラー&ミニコーチング』を開催しました。

会場は、夫がサラリーマンしながら13年がかりで建てた手作りハウスの自宅です。
とてもアットホームな雰囲気で講師も参加者もリラックスした感じで、進みました。

参加者の感想です。
「今まで大きな目標ばかりたてて、それを達成できずに落ち込むことが多かった。
ミニコーチングを受けて、小さな目標をひとつずつこなして行こうと思いました。」

これからも多くの女性が夢への一歩を踏み出せるよう、コーチングでサポートしていきます。

お試しコンサルコーチング
■過去のコラムは コチラ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.