「目標が持てない」の思考を変える方法

2013年10月4日

「目標を持てない」と悩んだことは、ありませんか?

「目標が持てない」のは大きく2つあるようです。

1 得意なことやスキルがなくて、何を目標にしていいかわからない。
2 たくさんのスキルを持っていて、どれを目標にしていいかわからない。

今日は、1の「得意なことやスキルがなくて、何を目標にしていいかわからない。」の
改善思考について書いてみます。

私は、以前、目標が持てないままでした。
なぜなら、得意なことやスキルが何もなかったからです。
運動だめ、手先不器用、これといった趣味がない・・

ある時、4番目の子が小学校にあがる前、急にこれからの人生について考えるようになりました。

「だいぶ、子育てがラクになってきた。17年の保育所生活も、もうじき終わる。
子どもの手が離れたら、何を目標に毎日、生きていくんだろう」

今のままだと毎日、会社と家の往復だけ。

それは、それでいいかもしれないけど、マンネリになりそう。
何か物足りないなあ・・。

といっても、私はいったい何を目標にしたらいいのでしょう?

そう悩み出して「あなたの使命は?」みたいなスピリチュアルの本を読んだり、
コミュニケーションの通信教育をしてみたりしましたが、
いまいち、ピンときませんでした。

変化が起きたのはNLP心理学を学んでからです。
潜在意識に問いかけるワークで、ひとつの目標が出てきたのでした。

それは、
「4人の子育てと仕事を両立した経験を女性センターで話す。」
でした。

きっと仕事と家庭の両立で悩んでる女性は、たくさんいるはず。
「自分の経験」で得たことをその人達に伝えて、悩み解決のヒントにしてもらえたら・・。

それなら、得意なことやスキルがなくても、できる!!
よしっ、そうしよう!

そのための手段はさておき、とりあえず目標ができたので、目の前がぱーと明るくなったのでした。

それから4ヶ月後、びっくりの北九州市ワーク・ライフ・バランス賞 市長賞受賞。
立てた目標に向かうように、取材や講演の依頼がきたのでした。

このことから、「得意なことやスキルがないから目標って立てられない」と
思ってたけど、単にそう思い込んでいただけだった・・

スキルがなくても、乗り越えてきた自分の経験で目標は立てられるんだ・・
そう気づきました。

それからというもの、
「趣味がなくて何を目標にしていいかわかりません」
「得意なことがなくて目標が立てられません」
と相談に来る方に、自信を持って言ってます。

「あなたの経験から、きっと目標は立てられますよ」

もし、1番で目標を持てないと思っていたら、こんな視点で考えてみるのも、
ひとつの方法です。

きっと あなたの経験を聞きたい方がいますから。

<今日のポイント>
「目標が持てない」の思考を変えるには?
 得意なことやスキルがなくても目標は立てられる。
 自分の経験から、探してみる。
——————–
コラムの感想や気づいたことがありましたら、このメールに送ってみてくださいね。kaizensiko3311@gmail.com

それでは、輝く1週間をお過ごしください。

■過去のコラム
>>第1回「ワーク・ライフ・バランス度はどのくらいですか?」
>>第2回「ワーク・ライフ・バランス度をあげるには?」
>>第3回「ワーク・ライフ・バランス実現に近づく7つの質問」
>>第4回「時間がないって言ってませんか?」
>>第5回  「時間管理をうまくする一歩」
>>第6回 楽しく時間を活かす方法を考えてみませんか?
>>第7回 時間がないから解放されるマインドになりませんか?
>>第8回 仕事や家事の時間配分ができるようになるには
>>第9回 時間をかけない家事の工夫
>>第10回 「時間を取り戻す効果的な方法」
>>第11回 「自分に合った時間の取戻し方」
>>第12回 「いま、ここを感じていますか?」
>>第13回  夢実現の知識を得る、時間の作り方
>>第14回 「できない」を「できる」に変える思考法
>>第15回 マイナスの問いかけをプラスに変える思考法
>>第16回 「忙しい」が口癖の時の対処法
>>第17回 「誰でもリーダーになれる」思考の変え方
>>第18回 「片づけられない」の思考を変える方法
>>第19回 「書類の整理ができない」の思考を変える方法
>>第20回 「自信がつくまでできない」の思考を変える方法

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.