おむすびの日

2015年4月4日

FCFNI_syutoutokuresonnnoonigiri500コトリエです。

4月になりましたね。
桜も堪能しました。
大きなランドセルを背負った
ぴかぴかの1年生の微笑ましい姿や、
まだ折り方のついた真新しい制服を着た
少し緊張した面持ちの中学生、高校生の姿が
見られるのも間も無くですね。

コラムをお読みくださっている方の中にも
今年からお子様が高校に入学されるという方が
いらっしゃるのではないでしょうか。

いよいよ娘が高校に入学するという友人。
これから始まる『お弁当作り』に
今から、いえ・・・、
すでに去年から頭を抱えています。

毎日のお弁当作りの大変さは
よくわかっていますので、
「がんばってね」と、
他人事のように励ますわたし。

学食やパンではなく、
出来るだけ母の手作り弁当を!
と考えていらっしゃる方に
ひとつだけおすすめの方法をご紹介します。

実に単純なことなのですが、
週に一度だけ、曜日を決めて
『おむすびの日』を設定するのです。

これは、以前勤めていた幼稚園で
実施されていたものですが、
飽食時代の今、週に一度だけ、
海苔もまかず、具も入れない質素な
塩だけで作ったおむすびを食べましょう、
という『粗食の日』がありました。
おかずは園から出される
梅干しやたくあんのみ。

これを思い出し、
我が家にも導入したというわけです。

もちろん、塩だけではちょっと・・・
というならば、
海苔を巻いても
具を入れてもかまいません。
わたしの娘は
サッと炒めて甘辛く味付けした
豚肉おむすびをいちばんよろこんでいました。

最初から決め事にしておけば、
手抜き、という感覚もなく、
ずいぶんと気持ちが楽になりますよ。

これから始まる毎日のお弁当作りに
頭を抱えている方がもしいらっしゃいましたら
ぜひ、おためしくださいね!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.