かぼちゃを食べてアンチエイジング

2014年9月27日

さほ皆さん、こんにちは。
気持ちのいい気候が続いていますね。最近かぼちゃが美味しすぎて、我が家では毎日のように食卓に並んでいます。

「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」といわれるのは、太陽の力が弱る冬至に、太陽の光を象徴する黄色いかぼちゃを食べることで、人々を災いから守るとされていたからです。

<皮と種の栄養価は抜群>
かぼちゃのビタミン類、ミネラル、食物繊維、ポリフェノール等は、皮やワタに多く含まれています。

特に、かぼちゃの種にはビタミンE・ビタミンA・B・C・亜鉛が含まれています。
ビタミンEは抗酸化作用があり、亜鉛は血流の改善や筋力の向上に役立ち太りにくい体質にしてくれるといわれています。
また、かぼちゃの種にはオメガ-3脂肪酸という成分が含まれています。
オメガ-3脂肪酸は中性脂肪を減少させる作用があるとされ、アンチエイジングにも非常に有効な栄養素です。

かぼちゃの種をいただくときには、まず水でよく洗って天日干しにしておきます。よく乾燥したら鍋で表面に焦げ目がつくまで炒ります。
サラダのトッピングにしたり、そのまま塩をふっていただいたりといろいろ活用してみてくださいね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.