そんなに掛かるの? 悩ましい~教育資金

2015年1月28日

黒板こんにちは。マネーコラムの宮﨑です。
1月20日に開催しました
「わたしの未来を拓く ワンステップセミナー」が無事終了しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
コラム原稿の締め切りの関係で、お礼が遅くなりました。
ごめんなさい。

さて、セミナーは2部構成で「ライフプラン」と「教育資金」でした。
当日は託児の用意もありましたので、
ママの参加率が高かったと思います。
後半に教育費の詳しいシミュレーションをする時間がありました。
従来のものは、中学から大学までオール公立ならいくら掛かるの?
高校から私立の場合は?といったものでした。
今回はより詳細な、
具体的な福岡市内の学校名別に費用が分かるというシミュレーションです。
自宅近くの○○高校に入学したら、初年度はいくら掛かるのか?
中学受験をして○○中学に行った場合は?がひと目で分かります。
何パターンか試しましたが、
“子供ひとり1000万円掛かる”という大雑把な試算は、
まんざらでもありませんでした。
ということは・・・と、ため息をついた参加者も多かったとおもいます。

大きな出費の時期は高校3年生からです。
こどもの小さい時から、コツコツ貯めることが原則です。
足りない場合は奨学金制度等の利用が一般的です。
この制度、かなりの人が利用しています。
子供が返済することになりますから、
長期でプランを考える必要があります。
なるべく子供の負担は軽くしてあげたい・・・
と願うのが親心ですね。
“コツコツ貯金”はママの腕の見せ所です。
時間を味方につけて頑張って欲しい!!と思いました。
今回のセミナーが、家計を見直すきっかけとなれば嬉しいです。
ご相談も受付中です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.