ココナッツオイルで虫歯予防?

2015年2月10日

チェンマイよりこんにちは。
フィットネスコラム担当のクディウク麻衣子です。

今日は別のコラムとリンクしたお話です。
先週のライフスタイルコラムで長菅さんがお話しされてた
「歯と女性の健康はリンクしている?」を読んでいて思ったんです。

それは産後、歯が弱くなるということ。
今日も友人と話していて、産後の抜け毛と歯の弱り方がスゴかった…
という話になりました。

わたし自身は歯はとても強く、髪もしっかりしているのですが、
それでも産後は抜けて、やむなくショートカットにし、
歯のほうは親知らずが生えてきました。

そして授乳が減ってくると歯や髪もだいぶ良くなるのですが、
今度は子供の歯が生えてきて、
子供に歯みがきさせて、虫歯から守るのが大変!
そんなわけで、今日はその歯をどうやって守るか…
というお話ですが、当然、自然なものを使ってです。

Oil-Pulling-Whiten-Your-Teeth-Detoxify-Your-Body-and-Prevent-Cavities_-featured-300x225それがココナッツオイル。
わたしのコラムでも何度か登場しているココナッツオイル。
ちょっと前にはフードコラムでコトリエさんもとりあげてありましたね。
「ココナッツオイル・デビュー」
知名度は上がってきていると思います。

このココナッツオイル、
普通のオイルと違って、吸収されるときに違う経路を通ります。
普通の脂肪は長鎖脂肪酸と言って、先にリンパとか、血液とか、
液体の中を通ってから、肝臓に到達し、処理されます。

それがココナッツオイルの場合中鎖脂肪酸なので、
門脈を通っていきなり肝臓に到着してしまうんです。
だからデトックス力が強いし、
体のエネルギーになる速度がほぼ10倍だそうです。
そしてビタミン豊富で殺菌効果が強い。

そんなココナッツオイル、殺菌して歯を強くする両方の力を持っているので
それで虫歯が治ったという例が最近たくさん報告されています。
しかもホワイトニング効果まであるということ。

歯だけではなくて、骨そのものを強くするので、
タイでは妊婦はココナッツジュースを毎日飲むように勧められます。
理由は羊水がきれいになること、赤ちゃんの肌がきれいになること、
産後のひだちがよくなることなど、複数です。

使い方なのですが、アーユルヴェーダでは
伝統的にはオイルで口うがいをします。
(口に大さじ一杯くらいのオイルを入れて
クチュクチュ5分~15分して、ペッと吐いてうがいします。)

ですが口うがいしなくても、ただ歯磨き粉の代わりに
ココナッツオイルをつけて磨けばいいのです。
我が家ではみなそうやって歯磨きしていますし、
息子は生まれた時からココナッツオイルで洗って、
歯が生えた後はココナッツオイルで歯磨きしています。

コトリエさんもおっしゃっていたように、
「食べられるもの」なので子供が飲み込んでも100%安心ですし、
それどころか栄養価の高いものなので、
飲み込んだほうがいいのかもしれません。

ただし注意してほしいのは、
エクストラバージン、コールドプレスのココナッツを使ってください。
できればオーガニックのものを。
というのは、抽出するときに化学物質を使ったものだと、
かえって健康を害するからです。

気になった方、ママさんはさっそく
ココナッツオイル・デビューしてみませんか?

*いつもアーユルヴェーダで200キロ以内のものを取るように言っていますが、
現代社会で緊急時に使うものとしてはアリだと思いますよ!
わたしもターメリック(ウコン)とココナッツオイルは手放せません!!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.