ダブルインカムの落とし穴

2015年9月26日

こんにちは。マネーコラムの宮﨑です。

a0001_000109女性の活躍を期待!なんて言われて女性の社会進出が進み、全くの専業主婦という女性の割合は徐々に少なくなってきました。正社員・派遣社員・パートタイムと主婦であっても収入を得ている、こういう状態をダブルインカムといいます。お財布が二つあると裕福で良さそうですが、本日はそこに潜む落とし穴についてのコラムです。

ダブルインカムの方の中で、お互いのお財布事情が把握出来ていないことが増えました。奥様がパートタイムで教育費~塾代等を補っているという話を耳にします。この場合、大抵は全体が把握できています。奥様が(独身時代からずっと)正社員である場合は“お財布が二つ”になりがちです。

結婚して、家計の負担をそれぞれ分担している家庭は多いでしょう。例えば家賃・光熱費・・等の主に口座引落しでの支出はご主人の負担、食費・日用品等のデイリーな支出は奥様の負担というケース。収入の中でやりくりできているから互いの収入を知らないという声も多いのが特徴です。「きっと、ちゃんと貯蓄も出来ているのだろう・・・」と相手任せになっています。

ところが50歳代になって、そろそろ老後資金を考えようとなった時、「あれ~?準備できてない!」となるわけです。気づくのが50歳代ならまだ救われますが、気づくのが遅くなればなるほど対応しにくくなります。そもそも合算すると余裕があるのでお財布も緩みがち。そこには見えない大きな落とし穴が忍び寄っているのです。

最初は、ウチは大丈夫!と平気だったとしても、次第に同じような状況になってきて聞きづらくなり最終的には聞くのすら怖くなったという話もあります。
二つのお財布をオープンにすることで落とし穴は回避できますから、ご主人のお財布の中を知ることをお勧めします。

「ウチは大丈夫だろうか…」と心配な方は、ぜひこちらのイベントにご参加くださいね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.