ビートルズの曲に出てくるマントラ

2014年12月2日

タイのチェンマイよりこんにちは、
フィットネスコラム担当のクディウク麻衣子です。

先日カフェで友人たちとご飯を食べていたとき、
ミュージシャンである友人が
「すべての人が思うように世界を変える力を持っているんだ!」
と力説していたところ、
カフェのスピーカーからある曲が流れてきました。

6104144105_e175e64a07_zその曲はビートルズの「Across the Universe」。
何度もNothing’s gonna change my worldという歌詞が出てきます。
「何事も自分の世界を変えることはできない」という意味です。
その場にいた全員がいっせいに大笑いしはじめました。

一見友人が言っていることの逆を言っているようなこの歌詞ですが、
後でよく考えてみたら、
「世界を変えられるのは自分自身だけ」と受取ることもできます。
ここにもまたインド哲学の基本である
世界=意識の反映という考え方が表現されています。

あれ?どうしてビートルズの曲にインド哲学が当てはまるんでしょう?
知っている方も多いと思いますが、
それは彼らが単に世界の真実を歌にしているからだけではなく、
ビートルズのメンバーはインドの精神世界に傾向していました。

中でもジョージ・ハリスンはインドの弦楽器シタールに魅了され、
何度もインドを訪れ、クリシュナを信仰するほど夢中になっていました。

そしてこのAcross the Universeのサビの部分は実は、
サンスクリット語のマントラ(唱文)になっています。
Jai Guru Deva Om
Nothing’s goona change my world.
この言葉が繰り返し登場します。

Jai ジャイはサンスクリット語で勝利の意味。
Guruは一般に先生という意味ですが、細かくいうと
闇Guから光Ruに導く力ということを示します。
Devはわたしたちの中にある神聖性、純粋さのことです。

Omは世界の始まりの音(振動)の擬音です。
その原初の振動と共鳴し、自分がどこから来てどこへ行くのか
感じ、確認するために用いられる最もシンプルなマントラです。

Jai Guru Devaをひとつの文章として繋げると
「わたしたちの中にある純粋な光が煩悩という闇を照らす」
という意味になります。
だから「誰にも何にも自分の世界は変えることはできない。」
と歌は続きます。

素敵な歌ですね。
きっとこの曲が世界で最も有名で、ポップなマントラです。

せっかくですから、歌詞の他の部分も見てみましょう。
意識の作り出す幻想に惑わされたくない、真実を求めていたいという
ビートルズの世界観がしっかり伝わってきます。

Words are flowing out like endless rain into a paper cup
They slitter wildly as they slip away across the universe
Pools of sorrow waves of joy are drifting through my opened mind
Possessing and caressing me
言葉は止まない雨が紙コップに流れ込み、溢ていくよう
自然にするするとこぼれて宇宙へとひろがっていく
溢れ出す悲しみ、来ては失せていく喜びは僕の裸の意識に押し寄せて
まとわりついては、優しく僕を撫でる

Images of broken light, which Dance before me like a million eyes
They call me on and across the universe
Thoughts meander like a restless wind inside a letter box
They tumble blindly as they make their way across the universe
僕の前で踊る壊れた光のかけらはたくさんの目のよう
こっちへおいでと、宇宙へひろがる
郵便受けをずっとガタガタ揺さぶる風のように
思考はうろうろと歩きまわり続け
盲目に転げまわっては、宇宙に足跡を残す

Sounds of laughter, shades of life are ringing through my opened ears
Inciting and inviting me.
Limitless undying love, which shines around me like a million suns
It calls me on and on across the universe
笑い声や人生の影が現れ開かれた僕の耳をすり抜け
僕を刺激して、つれて行こうとする。
だけど無限で永遠の愛という名の無数の太陽は僕のまわりを照らし
こっちへおいでと、宇宙へひろがる

Jai Guru Deva, Om
Nothing’s gonna change my world
僕の中にある光は闇を照らす、真実は変わらない
だから誰も何も僕の世界を変えることはできない

Jai Guru Deva, Jai Guru Deva, Jai Guru Deva…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.