人生を変えてくれた言葉

2015年2月7日

IMG_0587『人生の目的は、やりたいことをやってやってやり抜いて、
堪能するほどやり抜き、自由で楽しい人生を生き、
縁あるひとに喜ばれること』

今にして思えば、この言葉に突き動かされてわたしは、
現在に至るのかもしれません。
これは、マクロビオティックを世界に広めた桜沢如一氏の言葉として
岡山にある民宿『百姓屋敷わら』を営む
船越康弘さんかおりさんご夫妻の出されたレシピ本に、
船越氏の料理に対する想いと共に綴られたものでした。

この言葉を目にした瞬間、胸が熱くなり、
なぜか涙があふれて止まらなくなりました。
そして、泣きながら、何度も何度もそのページを読み返したことを覚えています。

末期癌で余命宣告を受けた母に、
なんとしても生きて欲しいとの願いから
マクロビオティックに出会い、
最初に手にした本でした。

そんなわけでしたから、その頃はその他にも
何冊ものマクロビオティック関連の本を読みあさり、
脇目も振らず、けっこうストイックに、
穀物菜食を基本とするマクロビオティックを実践していたと思います。

年月を経て、やっとわかることがあります。
あの頃は楽しんでいたつもりだったけれど、
それさえも「楽しまなくてはならない」と、
理屈で自分に言い聞かせていたものであって
内心はやはり、母の病気を治したくて必死だったってこと。

それでも、そんな日々の中で夢は育まれ、
現在はマクロビオティックを料理のひとつのジャンルとして、
その考え方を軸に持ちながら、
いろんな料理を楽しんでいます。

なんでも食べるもん。
しあわせに、感謝して、ぱくぱくもぐもぐ。
ってね。

『人生の目的は、やりたいことをやってやってやり抜いて、
堪能するほどやり抜き、自由で楽しい人生を生き、
縁あるひとに喜ばれること』

やりたいことをやっていいんだよと
許されたような気がした瞬間。
やってやって、思い切りやって、
そうすることで、誰かに喜ばれた時のよろこび・・・。

最初に出会ったこの言葉の意味を
今、少しずつ実感出来ているのかもしれません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.