地球はどこでもパワースポット

2015年6月30日

a0800_001081ポーランドの南、ザコパネからこんにちは。
フィットネスコラム担当のクディウク麻衣子です。
ここはスロバキアとの国境となるタトラ山の麓です。

私がいつもポーランドは平野ばかりで山が無いと言うので、
夫はその印象を変えたかったらしく、今年は山に来ています。

わたしはどちらかと言うと、いつもウロウロしていて
落ち着いているタイプではないので、
大きくてどっしりした山にいるとほっとします。
山はわたしにとって一番のパワースポットです。

最近は神社や磁場ゼロ地帯がパワースポットと騒がれ、
クラクフのお城を訪れたときもそんな場所があり、
スピリチュアルファンがたくさん集まっていました。

そこで感じたのですが、全てのパワースポットが
必ずしも全ての人にとってよい効果がもたらされるか?
ということでした。

気持ちを高めたい、迷いを払いたい時、
昂る感情を静めたい、過去を水に流したい時、
持って生まれた性質(プラクリティ)、
そのときの人生の状況(ヴィクリティ)によっても
そのバランスを取ってくれる場所は違ってきます。
調和に導いてくれる場所であってはじめて、
わたしたちを充電してくれます。

バリ島などが解りやすい例で、
海と火山というとても力強い組み合わせの土地です。
降り立った瞬間にクラクラするくらいの
強力なヴォルテックスを持っているので、
夢がありながらも勇気が出ないとか、
なにか滞っているような時には
切り開き、つき動かしてくれるピッタリの場所です。

しかし何でも動かして、吐き出す力があるので、
抑えていた感情が吹き出してきたり、
高熱が出て悪夢にうなされたり、
失し物をしてしまったり、
カップルや夫婦は大喧嘩してしまったり、
という話もよく聞くので、要注意です。

じゃあどうやってピッタリの場所を選んだら良いでしょう?
まずは土地の性質を観察するのが一番です。
陰陽やドーシャなど、難しいことを考えなくても、
土地の印象が分かればよいのです。

無になりたいときは、単純に広いところ。
うじうじしているときは、風や水が動いているところ。
考えが堂々巡りしてしまうときは、静かで動きがないところ。
地にしっかり足をつけたい時は、山や岩があるところ。
自分がバラバラになりそうな時は、鬱蒼とした森。

こんな風に観察できると、どこでもパワースポットになりますよね。
もちろん磁場が特別強いところなど、地球上には特殊な場所があります。
でもわざわざそんなところまで行かなくても、
自然は優しく寛大で、いつでもわたしたちに手をさしのべてくれます。

この世界にはいろいろな、唯一無二のものが混在しています。
それをガラクタだと思うか、宝石だと思うかは、あなた次第、
と言ってしまうと大雑把で無責任ですので、解りやすく言うと、
わたしたちの観察力とそれを応用する力次第です。

そのときの自分をバランスへと導いてくれる場所さえわかれば、
地球上はどこでもパワースポットです。
極端な話、外に出て上を見上げれば頭の上はいつも宇宙ですから。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.