家計管理が多様化しているDINKS

2015年11月7日

こんにちは。マネーコラムの宮﨑です。
2少し気になった記事を見つけましたので、久しぶりに新聞記事(日経新聞10月28日版)からのコラムを抜粋します。

DINKS消費調査~共働きで子供のいない夫婦の生活ぶりが変化している~

①自由に使える金額の範囲なら、好きに使っている
  そう思う 86%  思わない 14%
②貯蓄の方法
  別々に 50% 夫婦で一緒に 28% 夫婦と自分用の両方19%
③夫や妻が休日に友人と出掛けてもいい
  そう思う 93%  思わない 7%

生活費を折半して残りの収入は別々に使うという夫婦が増えているそうです。この結果をふまえて、記事は「財布や貯蓄は別々で個人の付き合いを尊重する」と結んでいます。

実は我が家もDINKSです。生活費を折半しているという今時のDINKSではありませんが、この3つの項目を考えると①と③については多数派に属しています。

最近50歳代の女性たちと話していて気がついたのは、ご主人に家計を任せていた場合(特に奥様に収入があった場合)、奥様は老後のお金のことをまるで心配していないということです。

自分の貯蓄はしっかり守り、そこから趣味や旅行など“お楽しみの支出”は取り崩します。生活費は現役世代・老後を問わず、ご主人の裁量に任せておけば「何とかなる」と信じていて「奥様が家計を管理しているお宅って尊敬するわ~」といった具合。

先の消費調査にあったDINKSが個々に自立した夫婦なら、こちらは夫依存型とでも言いましょうか。将来独りになった時は大丈夫なのかと他人事ながら心配になります。

今日は土曜日、私はお友達とホークス優勝セールに出掛けます。ちなみにそれぞれのご主人さまは・・お留守番です笑

せっかく自分で稼いだお金ですから楽しまないとね。では行ってきま~す!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.