家計簿選びのコツ!

2013年11月20日

こんにちは!マネーコラムの宮﨑です。
書店に手帳や家計簿・来年の占いのコーナーが目立つようになりました。新年が近づいてきたな~と実感します。それにしても、家計簿コーナーの充実ぶりには驚きます。こんなに種類がたくさんあると、迷ってしまいますよね。先日、「家計簿セミナー」をした時も、お薦めの家計簿は?といった、選び方についての質問がありました。今回は選び方についてお話します。

Ⅰ.これまでも家計簿をつけている方・・・
①今年使用したものが使いやすかった → 同じものが良いと思います。
②気分を変えたいので、違うものを探したい → Ⅱ へ

1年間ずっと続けてきたということは、その家計簿に“慣れている”ということです。
手帳や家計簿は「使い勝手が自分にあっている」という理由からリピート買いが多い商品です。「ウン十年続くベストセラー」という商品もあります。
新しいモノ=良いモノとは言えません。

Ⅱ.来年こそは家計簿をつけてみたい、と思っている方・・・家計簿1
①見た目で勝負!
まず、第一印象で何冊か選びます。好きなキャラクター・表紙の色や雰囲気で選びます。毎日開くものですから、手にとって馴染む・・・というのも大切です。

②内容は、細かく書く方式はお勧めしません。
こんなに家計簿コーナーが充実しているのに、実際つけている人は2割ほどと言われています。今年こそ!と決心しても、なかなか続かない~という方が大半です。
まずは、大雑把につけてみましょう。使途不明金をなくすだけでも、家計簿の効果があったと言えます。
袋分け方式、レシートを貼る方式等ありますが、自分にあった方法を選ぶと良いと思います。お気に入りの家計簿がみつかったら、自分流にカスタマイズするのもおススメです。
「オレンジページ」「クロワッサン」といった雑誌から派生したものもあります。愛読者の方は、参考にするのも一案です。ターゲット層・嗜好が似ていて、利用しやすいと思います。

次回は、続けるコツについてお話しますので、お楽しみに♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.