心のデトックスしてますか?~その③

2014年8月12日

IMGP1439こんにちは、フィットネスコラム担当のクディウク麻衣子です。
タイはライチの季節が終わり、今はラムヤイ(英語ではロンガン)の季節です。
ラムヤイはライチに似ていますが、小ぶりで酸味が無く、甘みもさっぱり系、
どこの子供も夢中になって木の枝をもいで食べています。
今年は豊作のようで、どこを通ってもたわわになって枝がしなっています。

お店で買うフルーツと違い、木から直接いただくのは
子供にも大人にも、何ともいえない幸福感があります。
ひとつは自然の恵みを直接受けている感触、
もうひとつは自然と一体化しているような感覚からではないでしょうか。

頭の知恵が付くのはいいけど、そればっかりだと頭でっかちになってしまう、
というのが先週(『心のデトックスしてますか?~その②』)のお話でした。
外に出て、自然を経験、観察することで得る体の知恵というのもあります。
前者は人間が先生ですが、後者は人間も含めて世界のすべてが先生です。

知恵を得るというのは人間についている自然な機能なので、
これが高機能になるようサポートしてあげるのが親の仕事、とも言えます。
スマホでも高機能で多種多様なものが選べるほうがいいでしょう?
人間の頭だって同じです、もともと高機能なんです。

なのにできないことの方が多くなってしまうのはどうしてでしょう?
IMGP1441コンピュータでしたらすぐに答えがわかりますよね?
1. ウィルス
2. ソフトが入っていない、または型が古い
3. メモリの容量オーバー

実は人間も同じです。
1. 間違った考え方
2. 一方的なものの考え方
3. 考えすぎ
コンピューターだったら持ち主がクリーニングしたり、
ソフトを入れ替えたりできますが、頭の中はどうやったらできるでしょう?

ずいぶん前の話ですが、瞑想の指導を受けていたときに、
何故瞑想をするのか?瞑想をするとどういう利点があるのか?
というお話をしていただいたことがあります。
それで一番印象に残っているのが、
「頭の中を一旦停止させて何も無いスペースを作る」ということでした。

考えというのは眠っているときも含め、休み無く動いている、
意識せずに停止させることは不可能だとのこと。
瞑想をしても停止させるのもまた至難の業ですが、
ボリュームを減らしたり、流れを緩やかにすることは可能です。

休ませるという作業がスペースを作り、
スペースができると人間も余裕ができたり、
作業の効率が上がったりします。

一休さんの名前が一休みなのも、
千利休の名前が賢く休んで利休なのもこれで頷けます。
本当の意味で頭を休めるということをするのです。
休むこと、静かにすることで余計なものは勝手にどこかへ行って、
本当に必要なものだけが残ります。
すなわちデトックスして、あるべき姿に戻るということです。

さて、9月は日本に帰国します。
通常のヨガクラスだけでなく、今回は講座もいくつかありますので、
興味があればぜひ、会いに来てくださいね!
スケジュールは↓のウェブサイトへどうぞ。
http://namoyoga.weebly.com/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.