決心

2014年12月13日

コトリエです。
寒い寒い毎日ですね。
だけど、冬が大好きです。
帽子にマフラーに手袋にレッグウォーマー、
靴下4枚そしてブーツ。
もこもこ着こんで出かけましょう。

さて。冬の寒い日のしあわせの象徴、それは・・・
おでんか鍋かシチュー?

IMG_0504というわけで、シチューを作りました。
市販のルーは苦手なので、ホワイトソースで作ります。
わたしは、バターいらずの玄米粉で作るホワイトソースが好きです。

玄米粉を豆乳で溶いて、
別の鍋に温めていた豆乳に加えます。
木べらでまぜながら温めます。
もったりとした鍋底が見えてきたらホワイトソースの出来上がり。
ルーの代わりに、あるいは普通のホワイトソースの代わりに加えて仕上げます。
ほっこりあったか。
今夜のごはん、シチューなどいかがでしょう?

***決心***

「コトリエの夢は、カフェを開くことです!」などと公言し、
夢に向かって一目散に突き進んできたせいか、
昔からずっと料理が好きだったのね、と思われがちだが
ずっと好きだったかと言うと、決してそういうわけではなかった。

なんたって、若かりし頃、花嫁修行の一環として?
通っていた料理教室を
サボりすぎて退学になったほどだ。

やがて結婚し、子供が生まれ、子育てに追われていた頃は
日々のごはん作りが苦痛で仕方ない日も少なくなかった。
だって、掃除に洗濯にお片付け、子どもたちのお世話、
毎日へとへとなんだから。

けれど、ある時ふと考えた。
料理好きのひとってしあわせだろうな。
どうせ毎日しなきゃいけないことなら、
嫌いでいるより好きになれたほうがぜったいにしあわせに決まってる。
だったらわたしも料理好きになりたいな。

実に単純な動機であったが、わたしはその時心に決めた。
料理好きになろう!

以来、本棚に眠っていた料理の本を開き、
料理番組を見てはメモを取り、
料理好きの友人に作り方を訊ねたりしながら
少しずつレパートリーを増やしていった。

レパートリーが増えてくれば、
不思議と毎日の料理が苦痛ではなくなるものだ。
新しいメニューにチャレンジするのは楽しい。
「おいしい」と言われればうれしい。
料理を好きになるための努力が、
もはや努力ではなくなった頃、
いつの間にか、料理が大好きになっている自分に気づいた。

もしかすると、思い出したのかな・・・。
子どもの頃、時々母に代わってごはんを作った時の楽しさ。
みんなに褒められた時のよろこび。
他のことに目が向いていたり、忙しさで余裕をなくしていたりで
長いこと忘れていたけど、本当はわたしは、
料理が好きだったのかもしれない・・なんてね。
今だから言えることだけれど。

なにはともあれ、今は胸を張って言える。
料理が好きだ。

そして、ゆっくりと夢に向かって歩いていける今を
わたしはとてもしあわせに思う。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.