生理のトラブルはありませんか?

2014年7月5日

m030191こんにちは。フード担当の馬鳥です。

女性なら毎月やってくる生理。何となく体調も不調だし、正直めんどくさいなぁ・・と思っていませんか?
でも、考え方しだいでは生理は女性にとって最高のデトックス。
余分な血液や、老廃物などをカラダから排出してくれるありがたいものなのです。

★生理トラブルの原因は瘀血(おけつ)である。

中医学では、生理痛や生理不順の原因を血の異常とみなし、最大の原因は瘀血であると考えられています。
(※瘀血とは、血液がドロドロとして流れにくくなり、古い血液が滞った状態のこと)

瘀血体質の方は、スッピンになったお顔をみれば一目瞭然。
唇やお肌をみて、紫色がかっていれば古い血が滞っている証拠です。
そもそも、生理のある女性は子宮内にたくさんの血液が集まってくるため、古い血が全て出し切れずに残りやすく、子宮の周辺は瘀血ができやすいのです。

ちなみに瘀血を招く原因は、肉食・揚げ物などの高カロリー・高脂肪食、ストレス、冷えや疲労、運動不足などがあげられます。

このような瘀血の状態がずっと続いているとどうなるかというと、子宮筋腫や子宮内膜症、不妊症までも発展する可能性があるので、女性は特に血のめぐりをよくする食材で瘀血対策をする必要があります。

瘀血を解消する食材は、血液をサラサラにしてくれるいわしなどの青魚や、ねぎニラ、シソ、パセリ、黒きくらげ、黒胡麻などが有効です。

★慢性貧血も要注意

慢性貧血とは、血液量が足りないために経血の量が少なくなり、色も薄く、生理も遅れがちになります。また、生理の出血がダラダラと止まらなくなる症状をひき起すこともあるのです。
このようなときには、血を補う食材がおすすめです。
「補血」効果のある主な食材としては、ひじき・小松菜・ほうれん草、ヨモギ、黒胡麻、黒豆、胡桃、人参、黒きくらげなどがあげられます。

女性は、毎月の生理でどうしても血液不足になりがち。
貧血や瘀血にならないよう、カラダを冷やさないのはもちろんのこと、日頃から血を補う食材を意識してとりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.