生理中にひきこもると、その後28日すべてが上手くいく!

2015年8月4日

unnamedお久しぶりです。
フィットネスコラム担当のクディウク麻衣子です。

ポーランドの帰り、
マレーシア経由でタイへ戻ったのですが、
思わぬハプニングで、
クアラルンプールで飛行機を逃してしまいました!
空港で一夜を過ごし、
エアコンが寒すぎて、
お腹をこわして寝込んでました…。

さて、体調不良だとじっとしていなければならないので、
いろいろなことを考え、まとめあげるのには最適な時間です。
お腹をこわしていたのでトイレでもいろいろ考えていました。

瞑想はいろいろ考えるのを辞めて、無になることなのですが、
瞑想ばかりしないでたまには引きこもっていろいろ考えてみるのも、
自分の芯が見えてきてよいものです。

そのとき丁度月のものも一緒にやってきていたので、
布ナプキンを洗いながら思いにふけっていました。
「月経のときにひきこもれると、その後の28日間すべてが上手くいく。」
だって月経中は、自分の内側が表に現れてくる時間。
静かにしていれば自然にしっかりチューニングできるんです。

何をチューニングするかというと、心と体の軸となるようなものです。
それが女性の勘のもととなっているようなもの。

自分の血と向き合うことを生々しく感じるとともに、
全ての感覚が鋭敏になるので自然と一体化もしやすい。
だからネイティブ・インディアンはレッドテントといって、
月経中の女性はひとつのテントに集まって、
年長者から智慧となるようなお話を聞いたりしてすごしていました。
インドでも月経血に花を供える習慣があります。

そんなことを思いながらも、月経の3日目に外出せざるをえなくなりました。
家に帰ってくると、やはり予想していたとおり、
それまであった特別な繋がり、自然との一体感が消え、
疲れて空しくなっている自分に出会いました。

「生理中の女性はイライラしている。」
「生理中の女性ほど怖ろしい生き物はいない。」などと言いますが、
それは月に一度のチューニングの時間なのに、
チューニングをしないで他のことに気をとられているために
自分がどんどんズレていって、
自分で思っているのと違う方向にばかり物事がいくから、
その結果イライラして怒ってしまうのです…。

チューニング可能期間というのは、
ネジが緩んでフリーになっている状態だと思ってみてください。
ギターのチューニングでネジが緩んでいると…、
ひとひねりでいろんな音に変えられますよね。
静かに集中してチューニングをしていくところを誰かがむやみに触ったり、
あっちこっちに気が行っていると、
音はメチャクチャになってしまいますよね。

生理中の女性もそれと同じです。
本来は静かに内側の声に耳を澄まして、調和を求める時間。
なのに忙しかったり外側に気をとられていると、もうメチャクチャです。
そのメチャクチャのまま、骨盤が閉じてしまうと、
次にネジを緩めることができるのは翌月までおあずけです。
そうなるとメチャクチャな音のまま生活しなければなりません。

ですので次の月経は、ひきこもりがオススメです。
完全にひきこもることができなくても、
夜出かけない、スマホ・パソコンをなるべく使わないなど、
刺激を避けて、しっかりあなたをチューニングしてあげてくださいね。
きっといろんなことが上手く軌道にのっていくはずです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.