秋の乾燥に!梨の効能

2014年9月6日

fd400975皆さん、こんにちは。フード担当の馬鳥です。

9月に入り、気候も少しずつ秋に変わってきていますね。
秋は空気が乾燥し、肺のトラブルが増える季節でもあります。本日は、そのような肺のトラブルに効く、今が旬である梨の効用についてお話したいと思います。

梨は、日本梨、中国梨、西洋梨の3種類があり、日本梨は豊水や幸水に代表される赤なし、二十世紀に代表される青梨があります。赤梨の方は甘みが強く、青梨の方はさっぱりとした甘みが特徴的ですね。

梨は、たんぱく質の消化を促進する酵素を含んでいるので、肉や魚などをいただくときにも、よく合います。梨を食べた時の歯ごたえは、食物繊維であるリグニンやセルロースという成分からできた石細胞で食物繊維も豊富なので、便秘の方にもいいですね。

また、梨に含まれているカリウムやアスパラギン酸は、身体の中へ取り込まれた余分な塩分を排出する働きがあるため、むくみを改善してくれます。
梨は、暑気当たりや夏バテ予防には最適な果物ではありますが、冷やす作用も強いので食べ過ぎには充分注意してくださいね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.