頭皮と子宮はつながってる?

2013年12月16日

こんにちは、ビューティー担当の中野です。

以前のコラム『ノンシリコンだから髪にいいの?』でシャンプーの成分についてご紹介しましたが、今回は頭皮と子宮のお話をいたします。

体内の仕組みとして、まず肝臓が解毒をしてくれます。そこから不要なものを腸は便として、腎臓は尿として体外に排泄してくれます。でも子宮だけは唯一体内のいらないものを溜め込む臓器と言われています。

a1370_000023_m助産師さんがおっしゃるには、出産で赤ちゃんが産まれる時に銘柄が特定できるくらいシャンプーの香りがするそうです。出産時には子宮に溜め込んだものが一緒に出てきます。出産で子宮を大掃除していることになりますが、最近では出産の回数が減ったり年齢が高齢化したり、また出産をしない女性が増えており、またカラダにとって良くない添加物や化学物質が排出されず子宮に溜まり続ける事が原因で、近年乳がんや子宮筋腫などの婦人科系トラブルを抱えるケースが多いと言われています。

なぜシャンプーの香りなのか…?

人は1枚の皮(肌)で被われています。肌は外からの物質を吸収する働きを持っており、このことを経皮吸収といいます。つまり肌から吸収した物質は子宮に溜まっていくのです。『ノンシリコンだから髪にいいの?』でもお話ししましたが、市販のシャンプーには化学香料の粗悪な成分が含まれているものが多く、実はシリコン以上にこわいのです。出産時にシャンプーの香りがするという事はそれだけシャンプーの香料の成分が強く、頭皮からの吸収率が非常に高いということになります。ほぼ毎日使っているのですから、日々体内に蓄積されるのは当然のことですね。

シャンプーだけでなく私たちが使う日用品やスーパーに並ぶ食材には、カラダに影響を与える物質が含まれているものがほとんどです。しかしそれらのものを一切避けて生活することは難しいのが現実ですから、まずはできるだけ体内に取り込むのを防ぐ為に、無添加やオーガニックなどの商品を選ぶことが大事です。そして体内に取り込んでしまったものはデトックスすること。毎日質の良い便を出せる、しっかり汗をかける体質にすることです。その為には冷えないカラダを作ること。体温が上がれば、免疫力も上がります。子宮ケアにはよもぎ蒸しがオススメです。

オーガニックとよもぎ蒸しについては こちら をご覧くださいね。

有名人を起用しテレビなどのCMでたくさん宣伝されている商品は、定価のほとんどが広告費に使われていると言われています。商品の内容成分にかける費用が削られ、粗悪なものになるのも当然です。たくさんの人が知っていて使っているものが『いい商品』ではなく、自分自身に合った商品を選ぶ知識と目をぜひ養ってくださいね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2013 Hearty Woman. All Rights Reserved.